03-5272-6700

資金・資産運用相談

当会計事務所が実施している「融資・助成金相談」「リース相談」「銀行交渉」「リスクマネジメント」に関してお話しいたします。詳細は、ご興味がある項目をクリックしてご覧ください。

融資・助成金相談・銀行交渉

「開業したいが資金が不足しているので何とかしたい」、「更なる顧客満足を考え設備投資したいが資金がない」、「人を雇って事業を大きくしたいが人件費の負担が不安で人を雇うことを考えてしまう」、などとお考えの方は多いかと思います。

何をするにも「資金」が必要となり、「融資」や「各種助成金」を上手に活用することが大切になります。

当会計事務所では、各金融機関と強固な信頼関係を構築しており、計画、そして交渉、融資・助成金実行まで、弊社が間に入り折衝を進めていきますのでご安心ください。
また、社会保険労務士や中小企業診断士とも提携しておりますので、お客様のご要望や状況に合わせた最適なプランをご提案させて頂いております。

コラム−銀行交渉に大切なこと

融資における銀行交渉に大切なことは何だと思いますか?
それは、「経営計画書」です。
詳細は経営計画書をご参照ください。

これが基本です。

金融機関はお金を貸すのが仕事ですが、将来の見通しが不明確で、返済してくれるかどうかわからないような医院には融資は行いません。
医院の目標・ビジョンだけでなく、中長期的な利益計画が根拠を示して提示できれば金融機関も納得し、安心して融資を継続してくれるものです。

また、銀行は「数字のプロ」です。数字に弱い方には銀行との交渉は難しくなります。
そこで、我々「数字のプロ」が間に入ることで、お互いが納得できる落としどころまで交渉が可能になるのです。

リース相談

設備投資を行う場合、「購入」か「リース」にするか迷われ、よくお客様から相談を受けます。ひとえに「リース」といっても用途に応じて様々な種類があり、金融機瀾からの借り入れと比較した場合のメリット・デメリットを検討する必要があります。
お客様の将来性・方向性を見据えたうえで、リース料の支払いや借入金の返済に関するシミュレーションに基づく検討が大切です。
当事務所では、医院の現状を分析した上で、どちらの方が有益かのご提案もさせて頂いておりますので、お気軽にご相談ください。

リスクマネジメント

経営者にもしものことがあった場合の備え、退職金への備え、お子様の進学費用への備えなど、将来的に備えた準備は必要になります。
顧問先様の状況に応じて、最善の提案を行うよう、当事務所はリスクマネジメントの専門家がおります。
様々なご相談にお答えできるよう、不断に情報を収集し、解決策をご提案致します。

【ご相談例】
○取引先の倒産に備える対策
○役員貸付金を精算するための対策
○今年だけ大きく利益を出してしまった法人への決算対策
○利益は出ているのに、資金がなく節税対策が講じられない法人への決算対策
○計画性のない節税対策商品への対策
○法人から個人への資金移転を行うための対策
○個人から法人への資金移転を行うための対策
○低い時価評価額(解約返戻金)で資産をお子様へと移転するための対策
○生損保の見直しによるコストダウン対策

このように、経営者様の様々な要望にお答えできます。
一度ご相談ください。

       

03-5272-6700