03-5272-6700

知って得する節税豆知識

教育資金の一括贈与を受けた場合の贈与税の非課税制度2013/09/19

平成25年度税制改正において創設された「直系尊属から教育資金の一括贈与を受けた場合の贈与税の非課税」

皆様、新聞・銀行等によりこの制度が創設されたことはご存じのことと思いますが、今一度確認しておきましょう。

 

・平成25年4月1日から平成27年12月31日までの3年間の間に、祖父母(あげる人)は子・孫(もらう人)名義の金融機関の口座等に、教育資金を一括して支払います。この資金については、子・孫ごとに1,500万円(学校以外に

関しては500万円を限度)までが非課税として取り扱われる。

・教育資金の使途は金融機関が領収書をチェックし、書類を保管。

・孫等が30歳に達する日に口座等は終了。

国会での議論・可決・施行までの期間が短かったため金融機関もこの制度への対応を急がされましたが、時の経過とともにこの制度の利用方法(※)も確立され、金融機関側からのパンフレットもよく見るようになりました。

※金融機関によってその利用方法が異なる部分があるので、詳しくは利用する金融機関に確認をとってください。

 

また、創設当初はなにが教育資金にあたるのか、不鮮明な部分もありましたが、

文部科学省より、学校等の範囲・学校教育費の範囲、領収書に記載されていなけばならない事項等が具体的に示されました。

この制度を利用しようと検討なさっている方は一度ご覧になってはいかがでしょうか?

平成27年1月より相続税の基礎控除額が縮小され、相続税の負担を少なからずご心配なさる方も増えてきているのではないでしょうか?

上記制度はその相続税の負担を軽減する一つの方法になるかもしれません。

サービス一覧

03-5272-6700