03-5272-6700

知って得する節税豆知識

NISA2013/09/19

最近、CMなどでよく目にするNISAという制度を御存じでしょうか。これは上場株式や投資信託などの、売却益や配当に係る税金が非課税になるという制度です。専用のNISA口座を開設し、その口座で購入した年間100万円までの取引が非課税となります。

 

NISA口座は2014年1月から2023年までの10年間に1口座ずつ開設できます。各口座の非課税期間は5年となっています。2014年1月1日に開設した口座は2018年12月31日に消滅してしまいます。消滅する口座の株式は、新たに開始するNISA口座(非課税口座)の投資枠に移すか、通常の課税口座に移すことができます。

 

株式投資については、配当が行われた時と株式を売却した時に税金がかかります。配当については約10%(復興特別所得税含む)の源泉徴収がされます。売却をしたときには、その売却益に対して約10%(復興特別所得税含む)の課税がされます。2014年1月1日からは株式についての軽減税率が廃止され、配当について約20%(復興特別所得税含む)、譲渡益には約20%(復興特別所得税含む)の税率で課税されることになります。

 

NISAの注意点としましては、他の口座(特定口座や一般口座)と損益が相殺できない点、2014年から2017年までは同じ金融機関のNISA口座を利用しなければならない点などがあります(その後の期間に関しては2018年から2021年までと、2022年から2023年までは同じ金融機関のNISA口座を利用する必要があります)。

 

サービス一覧

03-5272-6700